青森県弘前市ロビンズネスト

お久しぶりです!
スタッフのカズです!
皆様お元気ですか?
僕は変わらず元気に過ごしてます!
最近は楽曲制作や、自然に触れ、友人からキャンプ道具を借りソロキャンプに目覚めそうです笑。
コロナウイルスや自然災害、色々な事で不安や恐怖で心身共に疲れている方も多いかと思います。
僕もネガティブに襲われそうになりますが、日々身体を鍛え、自然からパワーをもらい心も身体も元気に過ごしています。
もし、心身共に疲れを感じている方は、身体を動かし自然からパワーもらってみてください!
※写真はアメリカの西側にある、トレーラーハウスを活用した宿泊施設。いつか旅で訪れたい場所です。
Hi! I’m Kaz!
How are you doing?
I’m doing good.
I went to the mountain and camped.
Camping gonna be my hobby.
Let’s do exercise, get energy from nature and stay healthy!!
画像に含まれている可能性があるもの:空

ラジオ

お知らせ
毎月第一土曜の19時から2時間お送りしているラジオ番組、creeps成田翔一の「what’s the craic!」
次回放送は8/1(土)の予定でしたが、急遽ねぷた特番が組まれたとのことでその日の放送はありません。
次回は9/5(土)の放送となります。

ブランデュー弘前

私ごとなのですが、サッカー選手であり弟の成田諒介が今シーズンから地元チーム、ブランデュー弘前でプレーしています。
数年前に僕らcreepsはこのチームの公式応援ソングを書かせてもらい、それからというもの、地元からJリーグを目指す彼らを応援しています。
が、弟は昨年まで八戸のチームでプレーをしていて、僕としてもなんとも立場が微妙というか、両チームを応援している複雑な心境ではありました。
ということで今シーズンからは声高らかにブランデュー弘前のサポーター宣言をし、僕らに出来ることをやっていけたらと思っています。
今、こんな世の中でサッカーをする人も観る人も大変な状況ではありますが、スポーツも音楽も、そんな時こそ人の心を揺さぶり、感動をもたらし得るものだと信じています。
無観客ではありますが明日7/19(日)はホーム開幕戦。興味のある方がいらっしゃいましたら、是非、チームを、弟を応援してくだされば嬉しいです。
108163664_3109434175844790_148247450592346471_o
It’s a pretty personal thing but my younger brother, Ryosuke Narita is now playing soccer as a member of a local team called Blancdieu Hirosaki.
Our band creeps wrote their official song a couple years ago and have been supporters since then!
As some of you know, he has been playing in Hachinohe team for almost 10 years and of course our family was supporting the team till last year(but we wrote the song for the Hirosaki team, it was quite a complicated feeling).
So now we can declare officially that we are supporters of Blancdieu Hirosaki!
Now the world is unusual due to the virus but I believe that sports(and of course music) still can touch your heart in the time of the situation.
Their games are still going to be without supporters but it would be great if you check them!

Beer Today, Gone Tomorrow!

いろんな制限や不自由の中でも、想像だったり創造だったり、出来ることはあるもんで。
新しいお店の顔、この時期を利用して完成。早く現物、みんなに見て欲しいなぁ。
早川くん、中川くん、本当にいつもありがとう。
Now the world is so inconvenient and things are strongly restricted but we always have things we can do.
New signboard. Thank you for your great work as always, Haya and Tsukasa!
IMG_7450 IMG_7451 IMG_7454 IMG_7457

バンドのお知らせ

僕がベースを弾いているバンド、creepsについてのお知らせが2つ。
・7/4(土) ラジオ番組「creeps成田翔一のwhat’s the craic」放送 19時〜21時
・7/5(日) ダンスイベントSHIROFES.2020で配信ライブ 19時〜19時30分
4日のラジオ。決まったテーマは特に設けず様々な音楽を流しました。地元バンドのお話しなんかもしています。
creeps成田翔一の「what’s the craic!」
7/4(土) FMアップルウェーブ 19時〜21時放送
圏外の方はこちらからお聴きいただけます。
https://jcbasimul.com/radio/719/
5日のSHIROFES.2020。世界的に注目を集めているダンス・パフォーマンスイベントで30分だけお時間を頂いてライブを配信させてもらいます。
リンクはこちら。
http://funkystadium.com/events/shirofes2020/
両日とも夜19時。週末のお忙しい時間かとは思いますがよろしくお願いします。
106372913_3149786575081054_5231289347292204816_o
Notification of our band, creeps!
7/4(Sat) regular radio program 7-9 PM
https://jcbasimul.com/radio/719/
7/5(Sun) distribution live SHIROFES.2020 7 PM
http://funkystadium.com/events/shirofes2020/
You can listen, watch it wherever you are!

 


梅雨の弘前

もう7月が目前に。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
休業も3ヶ月になります。お店にもたくさんの営業再開のお問い合わせを頂くようになりました。
気にかけて頂き、本当にありがとうございます。
先日も言ったように、人にはそれぞれの価値観、考え方、基準というものがあります。
それを僕としては心から尊重し、なるべく誰も嫌な思いをせずに共存していければと考えています。
対策を十分にした上で営業再開している友人の飲食店、持ち帰りなどに力を入れている行きつけのお店など、それぞれが目に見えない敵と戦っていることをリスペクトするのと同時に、本当に素晴らしいことだと思います。
ただ、コロナ禍におけるこの国の偉い人たちの様々な決定は、「価値観、考え方、基準の違い」と、一言で片付けられない違和感を覚えています。
現段階で、彼らは国民に対して完全なるノーガードでの戦いを強いている印象が拭えません。
もう少しだけそんな状況を見つめ、どのような形でお店・ライブイベントを再開させられるかを考えさせてください。
毎日、世間や自分と向き合う時間が長いのは時に辛いですが、笑
僕もスタッフも前向きに生きています。
そもそもが、「国の要請を受けたから」休業したわけではありません。
自分で決めたこと。自分の心がGo!というまで焦らずに待てたらと思います。
Robbin’s Nestに関わる皆様。
ご不便とご心配をおかけしておりますが、僕らの目線は確かに営業再開に向いております。
元気にお会いできる日を、心から楽しみにしております。

 


どうせなら楽しい1日を

世の中がもの凄い勢いで変化しているのを感じます。
前例のないことなんだからきっと正解はない。
自分と異なる考え方や価値観を、否定しない生き方を出来たらいいですよね。
世界全体で。
僕がいつも旅に出る理由、大きな1つがそのことだったりします。
ウイルスや、差別、争いを乗り越えて、世界が少しでもマシになればいいなって思ってます。
生きてるだけで丸儲け。
今日も皆さま、いい1日にしましょうね!
IMG_3686
The world has been changing very quickly.
No right answers, correct ways when we have to stand in front of the situation of an unfamiliar virus.
I just wish the whole earth would try to understand, know, forgive, and love each other.
Knowing tons of values around the world is always the biggest reason for my journey.
Virus, racism, wars. There are still many problems but imagine all the people living life in peace!
Have a great day!

 


変化に適応するということ

こんな状況になってしまってから3度目のラジオ収録。
7/4(土)放送分。
いい音楽を選曲して、バンドメンバーと語らうわずかな時間が今、自分を繫ぎ止める本当に大切なものになっている。
この国が定めた新しい生演奏のあり方。
観客と演者の距離は2m。それがかなわない場合はフェイスシールド。
観客は無言で鑑賞。隣とは1mの距離を。演者との握手は一回一回消毒。
Robbin’s Nestの入場キャパシティーは4〜5人ほどになることでしょう。笑
自然科学者ダーウィンが遺した言葉にこんなものがある。
「生き残る種とは、最も強いものではない。 最も知的なものでもない。 それは、変化に最もよく適応したものである」
言っていることはとてもよく理解できるけれど、今回ばかりは僕のような人間は生き残れないのかも知れない。笑
今はまだ不謹慎に聞こえてしまうかも知れないけど、昨日友達が話してくれた言葉に胸を打たれた。
「自分達が今まで大切にしてきた3密を、必死に守っていこうよ。」
これからどうなっていくかわからないけれど、僕は僕の築いてきた3密を、大切にしていきたいと思ってる。
それがどんなやり方になるかはわからないけれど、心から、大切にしていきたいと思ってる。
104008581_3013236138797928_8634585484805772164_n

ラジオです

明日6/6(土)はラジオの放送日。
僕と竹内でリスナーさんのリクエストにお応えして選曲しました。是非お聴きください。
慣れ親しんだフェイバリットの音楽も、個人個人で聴くのと、ラジオで他のリスナーと共有するのは、また違った味わいがあるものです。
Robbin’s Nest、またはcreepsのSNSやHPのメッセージから、お気軽にリクエストをお寄せください。
思春期の頃。部屋にTVが無かった僕は生粋のラジオっ子でした。
好きな曲が流れてきた時に感じるなんとも言えない興奮・高揚感。そして音楽を通じて感じる繋がり。そういった個人的な原点を忘れず、楽しい番組を作りたいと思っています。
是非お聴きください。
creeps成田翔一の「what’s the craic!」
6/6(土) FMアップルウェーブ 19時〜21時放送
圏外の方はこちらからお聴きいただけます。
 
IMG_7139
Our radio program is tomorrow!
We answered requests from some listeners!
There are different values between listening to music personally and sharing it with somebody you don’t know on the radio.
In my youth, I was a big fan of radio since my parents didn’t let me own a TV in my room.
And I was so excited when my favorite songs were played on the radio.
That’s my starting point! It would be really happy if my program can make you all happy!
You can listen to that on the internet.
Have fun!

 


弘前っこ

世界全体もこの国の偉い人たちも、それを憂いている自分自身も、一体どこに向かっているんだか。
けど止まらなければ必ずどこかに辿り着くと、岩木山が言ってくれている、気がする。
こういう時に1番、自分が弘前っ子であることを誇りに思える。
ということで毎日ガシガシ走っている。
どこに向かっているかはわからないけど、走っている。
追伸
Robbin’s Nest、僕もスタッフも皆元気で暮らしています!心優しいスタッフから採れたての山菜や野菜をもらったり、メールで励まし合ったりしながら、それぞれのディスタンス、ニューノーマルを楽しんでいます。
皆様もまた会える日まで、どうか心も身体も健やかでいてください!
IMG_7187
I’m now wondering where on earth are we all heading. I mean the whole world, f★cking politicians and of course myself.
Even at such times, I can feel that Mt.Iwakisan always watches over us and says I’m sure you shall sometime come to some place! And I’m truly proud of being a Hirosaki people especially at this kind of times!
Thank you and love you, beautiful mountain!
I obviously don’t know where I’m heading but all I can do is just keep running everyday.
Stay safe and happy everybody, see you in the near future!